技術内容

バーチャルプロダクションは、VR、AR技術を伝統ある撮影のスタイルと融合させ、映像制作のプロダクションワークフローを刷新します。
映画における撮影といえば、存在するものを映像に切り取っていくことでしたが、このワークフローでは、場面を構成する人物や動き、環境そのものを3DCG化して、バーチャル空間に展開します。それにより、実在のものとバーチャルのものを混在させて撮影する環境を作り出します。
様々なツールセットの組み合わせによる柔軟な設計思想を備えています。自己位置推定技術(SLAM)を用いたリアルタイムトラッキングシステムを軸に、フォトグラメトリ技術を用いたバーチャルセット作成、バーチャルキャラクターはモーションキャプチャ、フェイシャルキャプチャのワークフローと融合してインタラクティブな環境を構築します。全てのデータはゲームエンジンに集約され、バーチャル空間をリアルタイムレンダリングします。
また新たに、プロシージャルなバーチャルセット生成手法、次世代モーションキャプチャ、バーチャルキャラクターに関する研究開発を行っています。

動画はこちら

展示内容

・映画カメラのリアルタイムトラッキングシステムを展示、実演します。
・実案件での運用の様子をムービーでご紹介します。