技術内容

本技術は空中に超音波のビームを形成し、これに伴って発生する空気の流れにより、環境中の匂いの空中運搬を行うものです。これにより、離れたところに存在する物体の匂いをユーザーの鼻腔に提示することができます。本技術は以下の特徴を持ちます。
・超音波のビームにより生成される気流は装置の遠方であっても狭い断面積を維持することができ、これにより局在的なにおいの提示を可能にしています。
・匂いを発する物体は特定の容器に格納しなければならないといった制約なく、装置とは独立に自由に配置することができます。テーブルに置かれたカップに入ったコーヒーなどの生活空間における通常の物体に本技術は適用できます。
・装置の配置の仕方によっては、ユーザーの鼻の近くにある物体のにおいを吹き飛ばすことで、匂いの除去を行うことも可能です。
本技術はあらかじめ用意された匂いの提示を行うだけでなく、ユーザーを取り巻く匂いの環境を制御する技術として新規性のあるものであると考えます。

動画はこちら

展示内容

来場者の方には空中超音波が空中で運搬する匂いを実際に体験していただきます。
遠く離れた場所にある匂いが気流に乗って鼻の近くまで運ばれるのが体験できます。
顔を動かした場合、匂いもそれに伴って追随します。